根本的に改善できない!

クリニックなどで薄毛治療に使われる薬としてフィナステリド錠があります。

フィナステリド錠と聞いてもピンとこない方も多いでしょう!商品名はプロペシアです。

 

日本では、2005年から男性型脱毛症の治療薬として使われました。

プロペシア錠は、男性型脱毛症の原因物質を作り出す5α-リダクターゼの活性を抑制することで、DHTの生成を阻害する働きがあります。

 

その結果、抜け毛を減らし薄毛を防止するのがプロペシア錠なのです。

しかし、プロペシア錠は抜け毛を減らしても、発毛効果はありません。

 

たしかに、プロペシア錠を服用する患者のなかには、髪にコシや量が増えたことに満足される方が多いハズです。

 

ただ、禿げを改善するにはプロペシア錠だけでは不十分なのです。

 

実験では、1年間プロペシア錠を服用した方の6割近くが何らかの効果を実感しています。

 

しかし、効果を実感した6割の方は、決して満足した結果を得ていないのです。

それは、プロペシア錠は症状の現状維持には効果的ですが、フサフサの元の状態には戻らないからです。

 

これは、プロペシア錠だけでなく多くの発毛剤にも言えることです。

今発売されている育毛剤の多くは、プロペシア錠のようにDHTの生成を抑制することに重点を置いています。

 

そのため、いくら高級な育毛剤を使用しても一向に改善されないのは上記の理由からです。

つまり、プロペシア錠などは薄毛のブレーキ役です。しかし、元の状態に戻るにはブレーキを掛けつつ、発毛というアクセルも踏まなければならないのです。

発毛に大切な物質

プロペシア錠によって生成が抑えられたDHTは、AGAを促進するだけでなく

髪の成長に必要なIGF-Fという成長因子まで減らしてしまうのです。

 

この成長因子が減少することで、生えて間もない毛髪も途中で成長を止めてしまうのです。

つまり、毛髪のアクセル役となる物質こそ、IGF-Fなのです。

 

髪の毛を元の量にまで戻すには

この成長因子の減少を止めるだけなく増やしていくことが必要です。

 

そこで、注目したいのがカプサイシンとイソフラボンです。

カプサイシンは唐辛子などに、一方のイソフラボンは豆腐のなかに多く含まれています。

 

この二つは、IGF-Fの成長因子を増加させる働きを持っています。

男性型脱毛症の場合、多くの毛髪が休止状態にあるため、これら2つを摂取し

IGF-Fによって成長させることで薄毛に有効な方法となるのです。

 

もちろん、プロペシア錠の服用も忘れてはいけません。

抜け毛対策と発毛対策を同時にすることで、若い時のような健康的な毛を取り戻すことができるのです。

プロペシア錠の誕生秘話

プロペシア錠の原点は男性の前立腺肥大の治療薬として誕生しました。

 

前立腺肥大は、男性ホルモンが大きな原因を秘めています。

そのため、この疾患の治療法は男性ホルモンの分泌を抑えることが有効でした。

 

そこで開発された薬が「プロペシア錠」だったのです。

 

ところが、この薬を服用する患者さんの多くの方に抜け毛改善の効果が見られました。

そこで、さらに研究が進み男性型脱毛症にも効果が証明されAGA治療薬としても使われ始めた経緯があります。

 

http://m字禿げjp.com/